| ホームページ | 最新ニュース | パークの概要 | 投資プロモーション | お問い合わせ | 
あなたの今の位置: 中国医薬城 >> 最新ニュース >> 重要ニュース >> 正文
網站導航
最新ニュース図説

第八回医薬博覧会は、…

華威特社の重要製品「…

呉政隆代省長が中国医…

亜盛医薬が省内初の革…
華阜康バイオテクノロジーのプロジェクトは中国医薬城に定着           ★★★
華阜康バイオテクノロジーのプロジェクトは中国医薬城に定着

作者:CMC 来源:CMCクリック数:15 発布時間:2017-8-28 10:22:23

8月2日に、北京華阜康バイオテクノロジー株式会社の「実験用動物及び関連製品の研究開発・生産基地」プロジェクトは、中国医薬城に定着した。

華阜康バイオテクノロジープロジェクトは、4.9億元の資金を投下し、中国医薬城で江蘇華阜康バイオテクノロジー有限公司を設立した。当該プロジェクトの総敷地面積は7万平米があり、三期に分かれている。そのうち、第一期は、実験用動物及び飼料の研究開発、生産基地、実験用動物の原産地センターの建設に使用し、実験用大きいねずみ・小さいねずみなどの医学実験動物・動物モデルの研究開発及び生産を行い、来年の年末までに完成する予定。第二期は、動物実験用のテクノロジー・サービス・プラットフォームを建設し、中国医学科学院の実験動物研究所泰州支所の技術上の優位性を用い、パークに定着した企業にサービスを提供し、中国医薬城の17番目の公共技術サービスプラットフォームに成す。第三期は、主として動物実験に関連する計器・設備製品の研究開発、製造基地を建設する。プロジェクトの完成後、年間で特定病原体の無い実験動物を300万個余を産出し、実験動物用の飼料を5000トン余を生産でき、マンパワーで稼動した場合、年間収入が5.64億元に達すると見込んでいる。

国内の実験動物分野において、北京華阜康バイオテクノロジー株式会社は、業界のリーディング企業である。当該会社は、北京康藍バイオテクノロジー有限公司(中国医学科学院実験動物研究所)、北京昌鑫国有資産投資経営公司などが共同に発足し設立したものである。中国医学科学院実験動物研究所や北京協和医学院比較医学センターの技術的実力に基づき、国際社会とマッチングし、国内でフロンティアに立った実験動物、実験動物飼料の研究開発・供給基地を構築するよう力を注いでいる。国家ハイテクノロジー企業であり、国家「十二・五」に取り入れられる重大新薬創製特別項目である「実験動物齧歯類研究開発プラットフォーム建設」というプロジェクトの参入企業でもある。

生命科学分野において、実験動物は人類の身代わりであり、生命科学研究の展開を支えるための一つの重要な条件である。歴史上では、数多くの重要な科学研究成果が実験動物からなることが知られている。新薬を研究開発する中で、研究者は、様々な実験動物が構造、機能、代謝及び疾患特徴などの面で人体と類似する特性を利用し、人類の疾患と類似した動物モデルを作ることにより、薬物の安全性と有効性を評価している。わが国の生物医薬産業の急成長と伴い、高品質、標準化の実験動物に対する需要が益々急増しつつあり、市場見通しも非常に広いと見られている。

ニュース入力:CMC    編集責任者:CMC 
  • 上一条ニュース:

  • 下一条ニュース:
  • 【調整フォント:小さい 】【発表評論】【コレクション】【友達に教えて】【この文の印刷】【ウィンドウを閉じる
      ユーザーの評論:(最新の10条評論だけを表示。評論するユーザーの観点、当サイトの立場と関係ない!)

    | ホームページの設定 | コレクション | 駅長ポスト | 私たちについて |

    Copyright © 2014 中国医薬城版権所有
    主管単位:泰州の医薬のハイテク産業園管理委員会
    電話:0523-86200055(18036781212)
    苏ICP备06053352号 苏B2-20070164

    一番上に戻って