| ホームページ | 最新ニュース | パークの概要 | 投資プロモーション | お問い合わせ | 
あなたの今の位置: 中国医薬城 >> 最新ニュース >> 重要ニュース >> 正文
網站導航
最新ニュース図説

第八回医薬博覧会は、…

華威特社の重要製品「…

呉政隆代省長が中国医…

亜盛医薬が省内初の革…
中国医薬城の10個重大な産業化プロジェクトは集中に竣工し、生産開始へ           ★★★
中国医薬城の10個重大な産業化プロジェクトは集中に竣工し、生産開始へ

作者:CMC 来源:CMCクリック数:16 発布時間:2017-8-28 10:17:54

5月26日、中国医薬城の10個重大な産業化プロジェクトは、竣工して生産を開始した。これは、中国医薬城の産業化がより一歩加速していることを意味する。当日、竣工・生産開始したプロジェクトは、バイオ製品、化学薬の革新的な製剤、診断試薬、薬品包装材料などがあり、ほとんどバイオメディカル分野のあらゆる環節を含んでいる。

先端な技術、幅広い市場見通しは、当日の竣工し生産開始したプロジェクトの共同的な特徴である。華威特(江蘇)バイオ製薬有限公司が独自的に研究開発した高致病性豚繁殖及び呼吸総合症浮遊生ワクチンは、国内では初めて浮遊工程を高致病性豚繁殖及び呼吸総合症浮遊生ワクチンに活用し、今年5月正式に発売された。高致病性豚繁殖及び呼吸総合症、豚コレラ二連生ワクチンは、国際上の独創技術である。牛ウイルス性下痢不活化ワクチンは、国内初のBVDV不活化ワクチンであり、7月に発売される予定。泰州沢成バイオテクノロジー有限公司が独自に研究開発した全自動パイプ式化学発光免疫分析システムは、国際の免疫分析分野で率先な地位を占め、国内市場の空白を埋めている。

国家1.1類新薬は、最も核となる競争力及び先端な研究開発の価値を有し、国内外ではまだ発売されていない薬品を指す。国家よりの監督管理も最も厳格である。当日、竣工・生産開始したプロジェクトのうち、三つの製品は、国家1.1類新薬に属する。泰凌バイオ製薬江蘇有限公司の国家1.1類新薬である尿酸ポリペプチド注射液(喜滴克)は、国内外での独自な製品であり、主に非小細胞肺がん、乳がんなどのがん治療に使用されている。現在、MDS(白血病前期)二期臨床試験を行っている。今年度内、当該公司は、領収書上の販売額が1億元、税収2000万元を実現でき、3年内に、年間販売額5億元、税収1億間の規模を実現できると見込んでいる。

昨年、全国において生産に申告した新品種のワクチンはわずか2個しかなかった。一つは、江蘇金迪克バイオテクノロジー有限公司が研究開発した国家1.1類新薬であるインフルエンザウィルス裂解ワクチン(四価ワクチン)である。同社のもう一つの主要製品である凍結乾燥狂犬病ワクチンも国内で率先な地位を占めている。現在、金迪克公司は、研究開発中の製品が3個あり、老年インフルエンザワクチン、帯状疱疹ワクチン、13価肺炎ワクチンを含め、すべて臨床前の研究段階にある。

泰州復旦張江薬業有限公司の核となる製品であるヘマトポルフィリンモノメチルエーテルは、世界初の火炎状母斑を治療する薬物であり、2016年度、全国において生産許可を獲得した2個の1.1類新薬のうちの一つである。「現在、わが社は、既に自主的な定価権を取得した。1個のヘマトポルフィリンモノメチルエーテルの市販価格は3980元であり、今年の販売額は1.2億元に達すると見込まれる」と、泰州復旦張江薬業有限公司の責任者が語った。同社は、一部の薬品を研究開発している最中で、中国医薬城において多種の剤型、多種の仕様を一体化させ、イノベーション製品を主とする現代化の薬品生産製造基地を作り出していく。

この10個重大産業化プロジェクトが竣工し、生産開始した後、2から3年後、50億元の年間販売額を貢献し、中国医薬城の持続的な発展に新たなエネルギーを注いでいく。

ニュース入力:CMC    編集責任者:CMC 
  • 上一条ニュース:

  • 下一条ニュース:
  • 【調整フォント:小さい 】【発表評論】【コレクション】【友達に教えて】【この文の印刷】【ウィンドウを閉じる
      ユーザーの評論:(最新の10条評論だけを表示。評論するユーザーの観点、当サイトの立場と関係ない!)

    | ホームページの設定 | コレクション | 駅長ポスト | 私たちについて |

    Copyright © 2014 中国医薬城版権所有
    主管単位:泰州の医薬のハイテク産業園管理委員会
    電話:0523-86200055(18036781212)
    苏ICP备06053352号 苏B2-20070164

    一番上に戻って